ゲームに関する2chまとめ!

再オープンしたばかりの美術館の収蔵品、○○%がニセモノだったと判明!大惨事すぎる・・・

衝撃の鑑定結果 収蔵品の60%が偽物 南仏の美術館に打撃

http://www.afpbb.com/articles/-/3173052
http://www.afpbb.com/articles/-/3173052


記事によると

・仏南部ペルピニャン(Perpignan)郊外にある、地元出身の画家の作品を集めた美術館で、収蔵作品の60%近くが贋作(がんさく)であることが分かった。

・美術館があるのは、ペルピニャン郊外の人口8000人程度のエルヌ(Elne)。大規模な改修を終えて27日に再オープンしたばかりで、地元出身の画家エティエンヌ・テルス(Etienne Terrus、1857~1922年)の作品を展示している。

ところが、美術館が新たに約80点の絵画作品を購入した後、美術史家が鑑定したところ、全ての収蔵作品140点のうち82点が贋作であることが判明した。

・この美術史家は、見てすぐに贋作だと分かったとコメント。「ある絵に書かれた署名に白い手袋をはめた手でさっと触れると、インクが消えてしまった」と述べている。

この記事への反応


難しいね。何とも言えん

あぁ、これは惨事だ。。おやつを食べよう。。

あっら~…………

見分けの付かない複製が制作可能な現代において、新作・贋作の意味ってどこにあるんだろう?って最近思う。数百年前の絵画が現代でも見られる事派素晴らしいとは思うけどさ

建物改修なんかより贋作を見抜ける人間を雇うことにお金をかけるべきだった

これ、きついよなぁ

これはギャラリーフェイク案件

収蔵品の60%が偽物ということは、たまたま贋作をつかまされたというのではなく、美術館の関係者が悪徳業者とつるんで利益を得ていたと考える方が自然かもしれません。

ルーブルも、メトロポロタンも、であっても、
なんら不思議ではない。

収蔵作品の60%近くが偽物 南フランスの美術館に打撃 開き直ってリアル版ギャラリーフェイクとして運営すればよいのではなかろうか

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

主にゲーム情報についての2chまとめやニュースを配信しています。

注目の記事!


スポンサーリンク



カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最新記事


スポンサーリンク



スポンサーリンク



人気記事Pick Up!


スポンサーリンク